FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見えていたのは

あと10分ほどで真夜中になるという時間帯に、私は特急電車に乗っていた。
やがて、途中の駅で一人の男が乗り込んできた。
その男は、電車のドアが閉まると、突然我に返ったように乗客の顔を見回し始めた。

「すみません。あなたの年齢は28歳ですか?」
男が私に話しかけてきた。
「そうですが、どうしてわかったんですか」
私が聞き返しても、男は無視して、また別の人に話しかけた。

「あなたの年齢は45歳ですか?」
「そうですけど……」
「あなたは62歳ですね?」
「どうしてわかったんだ?」
そんなやり取りを繰り返していく。
どうやら、その男には、顔を見ただけで年齢を当てる特殊能力があるらしい。

次の停車駅までは、まだ15分以上ある。
私を含め、乗客たちは全員その男に注目し始めた。
「あなたは50歳ですね?」
「そうですが、あと5分で日付が変わったら、51歳になるんですよ」
最後に質問された女性は、笑顔でそう答えた。

年齢を当てていた男の顔が、その途端に青くなった。

「凄いですね。百発百中じゃないですか」
私は男に話しかけた。
すると、男は青い顔を私に向け、こう言った。
「・・・私が見えているのは貴方がたの寿命です」

テーマ : 考察
ジャンル :

コメントの投稿

非公開コメント

No title

可哀想に、5分以内で死ぬのか。

No title

電車事故だろうね。>提督

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

核発

Author:核発

しばらくリアル多忙の為
放置多くなりますが
ちょくちょく更新していきます。

Skype :ryujin011

趣味など適当に。
・バイク
・酒とかスモーキン。
・ダンス(東方に限る)
・エレキギター
・羽球
・東方Project
・シューティングゲーム
・モンスターハンターポータブル3rd

好きなアーティスト
・RADWIMPS
・One ok Rock
・凛として時雨
・Linkin park
・Slipknot

好きなサークル
・石鹸屋
・Tanabata
・サウンドホライズン


オンラインゲーム[メイン勢]
・アラド戦記 D鯖 御魔 [心の龍神]

ランチャー 決闘下級9級 Lv.27

カテゴリー
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム
カレンダー
カウンター
ギター
最新の動画
応援
-アーティストとか-







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。